その他の契約

契約、入会

■ 実際の派遣教師は事前に確認
紹介してもらった家庭教師に納得できた場合は、家庭教師センターと契約を結んで入会金を支払うことになります。家庭教師センターによっては、面談や体験授業で指導してくれた家庭教師とは別の人が実際に授業をするケースもありますので、これは問い合わせ時に必ず確認しておくようにして下さい。

■ 納得いくまで検討
少しでも疑問があるようならば、家庭教師をもう一人紹介してもらうと良いでしょう。家庭教師による指導は長期にわたるものです。数日決断を延ばしても遅いということはありません。家庭教師センターは逃げることはありませんから、ご家族でじっくり話し合ってから決めて下さい。契約書の内容も再度確認しておくことをお勧めします(特に、教師交代時や退会について定めた部分について)。
■ 入会後もクーリング・オフが適用
入会、契約してからも、その日から起算して8日間はクーリング・オフ期間のになりますので、理由に関わらず契約を解除することができます。指導が始まって、「こんなはずじゃなかった!」というようなことがあれば、すぐにクーリング・オフをしましょう。

退会、解約

■ 本部への問い合わせ
受験に合格した、成績が上がったなど、当初の目的を達成した場合、また、どうしても子供の成績が伸びない、家庭教師や家庭教師センターのサービスに満足できないなど、もうこのまま家庭教師センターとの契約を続けてもメリットがないと判断された場合は退会することになります。ただ、サービスや教師に満足ができない場合には、退会を決意する前に一度本部へ問い合わせて、事情を説明して、対応を求めてみて下さい。事態が改善するかもしれません。それでも改善が見られないというならば、退会の手続きを取りましょう。
■ 退会手数料は契約前に確認
退会する場合には、退会手数料を請求されることがあります。退会時の料金については契約前に確認しておいて下さい。また、契約書類等は必ず保存しておきましょう。
■ 解約手数料は一定の範囲
契約期間の途中でも、訪問販売法により消費者にはいつでも解約をする権利があります。また、途中解約する場合の違約金、解約手数料等の金額も、5万円、もしくは1ヶ月分の月謝のどちらか低いほうの金額までしか業者は請求することができません。「途中解約はできない契約になっております」などと説明して退会を阻止しようとする家庭教師センターもありますが、そういった内容は訪問販売法により無効となります。

check

Last update:2015/6/11

ページTOPへ